読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K*

  気の向くままにのんびりと

20年という年月は

日記
阪神大震災から20年。神戸は震災があったなんて思わないくらい復興しています。
それでも、未だに心に傷が残ったままの人もいます。

夫の祖父はトイレへ行こうと一階へ降り、倒れた家屋の下敷きになって亡くなりました。
あとほんの数分、数秒…目がさめるのが遅かったら、救助が間に合っていれば、そんな風に思います。

朝起きて、黙祷を捧げましたが、神戸の人たちでも忘れつつあります。そんなものなのかもしれません。

忘れてはならない、もう忘れたい。

どちらが良いのかは、わかりませんね…